NPO光輝オフィシャルブログ

~洋服を着たまま受けられる施術!薬草の力で循環改善~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

NPO光輝札幌スクール 「わっしょい!ボランティアまつり」参加してきました

10月27日、札幌市ボランティア研修センターで行われました
「わっしょい!ボランティアまつり」に参加してきました。

札幌市社会福祉協議会が主催した研修で札幌市内及び近郊の市町村で活動するNPO法人・市民活動団体・サークルなどに活動状況や習い覚えた技芸を、市民の方々に披露をしていただくという趣旨の交流会でした


デモ風景・・・

詳しくは「続きを読む」へ


 
光輝札幌スクールは3番目の団体活動披露。今回は会場の方が見やすいように折りたたみベッドを会場に持ち込み、光輝療法のデモンストレーションを行いました。
 しかも今回は室内のイベントでは珍しく実際に光輝線に火をつけて(もちろん事前に許可をいただいて)普段のボランティア施術に近い形でのデモンストレーション!

持ち時間15分なのでNPO光輝の団体説明をすばやく5分で済ませ、実技のスタート!デモのモデルさんは当日会場にいらしていた札幌市の職員の方になっていただきました。

まず会場にいらしていた光輝療法に関心を示していただいた女性の方にモデルさんの肩こりや脚の硬さを確認していただきそれらが数分の施術でどのように変化するかを体験していたく予定。
モデルさんと身体の確認をしてくださった方

実際に光輝線に火をつけて手足を施術し始めると・・・
デモ風景

思っていたとおり光輝療法を初めてみた人は思っていたとおり「???」といった表情に変化。
「なんで施術する人が動き回らないといけないのですか?」「皮膚にその道具を滑らせていますがそれで変化が起きるのですか?」などと質問が来ました。それらの質問にできるだけわかりやすく説明しながら施術を進め数分後。もう一度施術前に身体を確認していただいた女性の方に身体を確認していただくと
「あら(^^;)本当に随分,筋肉が柔らかくなっています。」
そしてモデルの方も「手足や肩が軽くなりました」と感想を言っていただきました。
デモ中にはもう1人のスタッフ・由美子さんが並行して会場にいる数十名の方々の腕に光輝療法を体験していただいていたので体験された方は納得していただいた様子でした。
会場の方も体験されました

最後に札幌での訪問ボランティアの活動受け入れ施設の募集をして活動披露を無事済ませました。

その後は南京玉簾やボランティアドッグなどのグループの活動で施設を訪問しボランティア活動されている団体を拝見させていただき「ボランティア活動にもいろいろな形があるんだな~」と感激いたしました。
ボランティアドッグさん。可愛かったです

その後、別室に行き各団体のかたがたとの交流会をお茶を飲みながら話す予定だったのですが・・・交流会の会場でも「私にも光輝療法を体験させて」と声をかけていただき約10名の方に体験していただきました。

今後もこのようなイベントがありましたら是非参加させていただきたいと思います。当日まで色々と御配慮いただきました職員の皆様、本当にありがとうございました。

札幌スクール一同

| 外部イベント告知・報告 | 15:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT