NPO光輝オフィシャルブログ

~洋服を着たまま受けられる施術!薬草の力で循環改善~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2月24日 宮城県山元町 りんごラジオ放送内容紹介!

りんごラジオは、被災地・山元町から、被災者・避難者・町外の方にタイムリーな情報をお届けする
災害臨時FMです
120303_りんごラジオ
2月24日に仙台スクールの村上が出演させていただきました
パーソナリティは高橋さん

高:3月3日山元町勤労青少年ホームのホールで
  10時半から15時まで光輝療法ボランティアデイを開催いたします
  そのご案内をさせていただいています
  今日はプレイベントとして13時から15時まで光輝療法を行いますので
  お時間があるかたはお越しください!
  光輝とはいつごろから活動されているのですか?
村:1997年から発会して今年で16年目になります
高:長いこと活動されていますが今や日本だけでなく世界にも広がっているそうですね?
村:カナダオーストラリア・ドイツでも活動させていただいています
高:日本はどちらで?
村:札幌・仙台・東京・横浜・大阪・宮崎ですね
高:大体活動されている方は何名くらい?
村:60名のセラピストが活動をしています
高:ご存じない方に16年間色々活動されてきたと思いますが
  活動方針をおしえていただけますか
村:施術 講習 ボランティア の3つの柱で活動をしています
高:施術とはどういうことをされるのですか?
村:皆さんご存知かとおもいますが ツボというと聞いたことあると思います
  ツボとは悪いときや、痛みを知らせてくれたりする場所
  それはいろんな病気が出る前・未病ですね
  その状態を教えてくれたりする場所でもあるのです
  その流れを良くするのか光輝療法で、流れを良くするときに
  暖かく気持ちが良い薬草をつかっているのが光輝療法です、
高:薬草を使っているという事なのですね。
  暖かい燃えたときのぬくもりが暖かい光で身体をよくするという事ですね?
村:そうです 身体の中の循環を良くするのです
高:気持が良いという療法ということでしょうか?
村:東洋医学のシステムを取り入れています。
  東洋医学の考えですと宇宙・自然と、人間・小宇宙が一体という考え
  宇宙とは自然ですよね。自然にはリズムがあります。季節や朝昼晩もリズム
  実はその中で生まれ生きている人間にもリズムがあります
高:私たちはこうして生きているわけですけれども、
  そろそろ暖かくなったな、春は間もなくかなと想い春を感じたり、
  冬でまだまだ寒いときで身体が縮こまっていたりとか。
  この度の大震災がありまして、大きな心のショックを受けたり、
  いまだにそれはぬぐいきれない中で生きているわけですけれども・・・
村:大きなショックとは表現としてすぐに出せる人と出せない人もいる
  出せない人は体の中に吹き溜まりとしてたまる場合もあるし
  本当に出せない人は数年後に出る場合もあります
  光輝療法は循環をつける療法ですので、
  それがうまく自然の循環と同じくめぐるようにしていき浄化していく そんな療法です。
高:こうして生きていて心と体で生きているという事ですものね。心にも毎日変化があり
  大震災のこともあったり、日々の生活でも心の変化もあったり身体もそうですよね
村:身体は必ず心の発せないものを表してくれていますので、
  身体という心を入れている器を元気にすることで
  またハツラツと元気に少しでも前にという心で生活ができる
  お手伝いをさせていただきたいと思います
高:面白いといいますか、科学者でもわからない仕組みというのはまだまだあるんだな
  と思いますね
  この間川島教授の放射能の講演会があったのですが、
  その中で放射能とどう向き合うかという話がありました。
  その中で「地球の自然浄化作用に祈るばかりだ」という表現をされていたことに
  驚いたり感動したりしました。
  地球の自然浄化作用に祈るばかりという表現だったのですが、
  人間の身体にも本来もっているそういう作用があるものなのでしょうね?
村:もちろんありますね。祈るということは言葉的には「いのちなり」ということなのですが
  命のシステムという事態が自然と一体なので、自然の浄化作用に祈るという事は
  人間にもあります。
  教授がいわれていたようですが、どういう生活をしたらよいかという中で
  放射能の吹き溜まりには寄らないとか・・
  やはり生活のなかで人間の身体にも吹き溜まりの場所ができたり
  そこに痛みが出たり色々ありますが、未病ならでないようにしたり
  痛みがあればそれを軽減させるように循環良くさせることが
  自然浄化作用と同じ事につながっていきます
高:山元町だけでなくこういった里山暮らし、都市部じゃない暮らしをしている私たちは
  自然とのつながりや、自然と一体となった生活は普通の感覚として暮らしています。
  化学では説明されるようなこととはまた違い、自然に普通に生きているというなかでは
  自然療法的なことはすっと入っていけるような気がするのです
村:こういう自然と一体となった暮らしは私も色々考えることがありまして
  私の好きな人として二宮尊徳という人がいて
 「音もなく 香もなく 常に天地(あめつち)は 書かざる経を 繰り返しつつ」
  という歌を残しています
  見えない法則ですよね?そういう循環の法則とかあるのですが
  いつもは見えなくても、痛みがあるときは痛い痛いとそこだけ思うのですが
  本当は痛みが出る前に色々な積み重ねの原因があり、見えないところの震災や
  自分の怒りなども、循環を良くして心の受け皿である身体の流れを良くすることで明るく、
  少しでも前向きな気持ちになれるようにするのが光輝療法です

高:ボランティア活動に関してですが、
  仙台でも長いことボランティア活動に参加されてるのですよね?
村:青葉区の区民祭りには毎年参加させていただいています
高:いつごろですか?
村:11月3日です
  毎年100名くらいの方に来ていただいております
高:他に外国にの方 先ほどドイツとオーストラリアとカナダとあると
  ドイツの国際平和村でも活動されているとお聞きしましたが
村:ドイツ国際平和村へは今年で光輝は5年目の活動になります
高:ドイツ国際平和村とはどういうところでしょうか
村:1967年に市民の手によって紛争や貧困の地域の病院に行けない子供たちを
  ヨーロッパ・ドイツに連れてきて、病院での手術や
  その後のケアリハビリ等を市民の手でしている団体です
高:そちらにも光輝が、どれくらいの割合でいかれているのでしょうか?
村:今は週に2回位の割合です
高:アフリカですとか中近東ということでしょうか?
村:現在はアフガニスタンアンゴラが多いです
高:色々な大変な傷を負ったお子さんがいらっしゃるのでしょう?
村:やけどとか怪我とか、戦争や紛争の地域なので精神的につらい思いをしていたり
  症状としては子供でも眠れない、身体の痛みがひどいといったお子さんが多いですね
高:そのような所に週2回行かれてボランティアされているんですね
  お子さんのエピソードなどありますか?
村:楽になった子供が他の子どもを連れてきてくれたり助かっているそうです
  スタッフもやりがいがあるそうです
  エピソードとしては
  アフガニスタンの子供たちが国に帰った時に口々に平和村に行って魔法をかけてもらって
  痛みがとれたと親御さんに言って少し問題になりそうになったそうですよ(~~) 
  問題になったというのは、風習として魔法という言葉は厳禁で
  言ってはいけないことばだそうで、それを聞いていたアフガニスタンの医師が、
  それは日本の代替医療で大丈夫、魔法じゃないよと説明してくれて
  事なきを得たそうです(~~)b
高:それくらい受けた子供たちが、子供たちから子供たちへと伝わって、
  あそこに行くと楽になったんだよということになったのですね
村:そうですね
高:やけどだの大変な怪我をされた子供たちが来ている所で
  ボランティアされているということですが
村:私もドイツのスタッフにどんなことが印象深いかインタビューしたのですが
  子供たちがドイツに来ている間にご両親が亡くなったという話はよくあるそうなので
  精神的にかなりダメージを負っている子供たちがたくさんいるという事で
  そういう子供たちが光輝を受ける間に雰囲気が変わって笑えるようになったり
  最初は一人ぼっちだった子が友達と遊べるようになったり、
  笑顔が全然変わってくることが印象深いとのことでした
高:よかったですよね!
村:少しでもそういう方向にいってくれるという事はうれしいですね

高:そんな光輝療法ですが
  今回のボランティアでは1人15分とのことですが
  15分くらいでも楽になることを経験していただきたいという事ですね
村:15分は目安ですけども、身体が軽くなることを体験していただきたいですね
高:最初におっしゃった吹き溜まり的なものが、
  身体の中のどこかにつまりがあるものの流れをよくするという・・・
村:薬草のエネルギーで流れをつけますので、
  身体が軽くなったりすることを感じていただけるんじゃないかと思います
高:体験してみないとわからないという事ですね
村:そうですね
  そう思いまして、先駆けて今日も13時から15時まで体験イベントをしていますので
  是非体験してみてください
高:案外今もお子さんたちも肩こりとかあるようですね
村:私も今月1回仙台の学童保育にボランティアに行かせていただいているのですが
  ビックリするくらい肩こりの子供さんがいらっしゃいますね
  外で遊ぶ時間が少なかったり、ゲーム等を集中してしている子供さんは
  肩こり首こりがおおいですね
高:ゲームは夢中になって身体を固めてするでしょうし、あるいは震災でまだどこか緊張感が
  まだどこかでほぐせない状態でしょうね。お父さんお母さんも毎日がんばってますよね
村:一日の疲れを光輝療法で少しでも軽くなっていただければと思いますね
高:どなたでもおこしいただけます  
  3月3日は10時半から15時まで行います
  何名くらいでおこしになるのでしょうか?
村:今回は関西関東からも応援がきてくれるので約10名のスタッフが来ます。
  1人でも多くの方に来ていただいても、大丈夫です。お待たせせずできると思います
高:15分くらいでという事は受けてみないとと思うのですが
  期待できますね!
村:期待してください!
  3日のプレイベントを青少年勤労センターにて今日13時から15時まで開催いたしますので
  もし時間がある方は是非お待ちしております!

放送局のご厚意で放送内容をCDにしていただき
UPさせていただきました
りんごラジオは町内の方々だけでなく
サーマルラジオにて世界中の方々にも聞いていただけます
この放送を聞いて何名もの方々が3月3日のイベントにお越しいただけました!
その模様はまた次にUPさせていただきます!
(imai)

| 外部イベント告知・報告 | 10:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://npokohki.blog91.fc2.com/tb.php/409-4f9dc8d8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT