NPO光輝オフィシャルブログ

~洋服を着たまま受けられる施術!薬草の力で循環改善~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

東日本大震災復興支援ボランティア     3月2日・3日 

東日本大震災復興支援ボランティア     3月2日・3日 
仙台スクール開催に参加        横浜スクール

仙台ボラ帰り (1)山元町勤労青少年 (2)
仙台雪景色 

光輝全スクール一丸となって取り組むイベントの第1回目は、仙台にて開催されました。
横浜スクールからも参加させていただきありがとうございました。
1日目は仙台スクールで、2日目は山元町勤労青少年ホームと集合仮設住宅にて行われました。
2日間とも、外は雪景色でした。

仙台スクールは、仙台駅から歩いて高等裁判所の前のビル5階です。
中はちょっと豪華な雰囲気で窓からの雪景色は素敵でした。
仙台スクール内でのイベントではたくさんの方が来て下さり、
仙台スクールを応援して下さる方達と接することができて、暖かい気持ちをいただきました。
初めての方も、帰宅後、膝が楽になっていると伝えて下さり、
皆さま元気になられて帰られ,私たちもたくさん勉強させていただきました。

翌日の山元町は、仙台スクールから車で1時間程南へ行ったところです。
山元町へ向かう車中からは、田んぼや家が見えましたが、
田んぼには津波で流された何艘もの船が取り残されたままになっていました。

山元町勤労青少年 (1)
仙台ボラ帰り (2)

山元町は津波で大きな被害を受けた町ですが、震災後5日目に、
情報の入らない地元の方々の為に立ち上げられたリンゴラジオがあります。
今回は、そこからの呼びかけで多くの方が集まって下さいました。
「一人が元気になると、周りも元気になりますから。」お話しすると、
「気持ちが沈んでいました。」「これは気持が良い。身体がらくになる。」
と光輝に興味を持っていただきました。

またお雛祭りイベントの行われていた集合仮設住宅でも、急遽ボランティアをすることができました。
青少年ホームでの光輝のイベントボランティアに来てくれた小学生の男の子から繋がった輪でした。
男の子は、おじいちゃんを連れてきて、そして、その奥さまの関係からとつながっていきました。

集合仮設住宅でのボランティアは、皆さますんなりと受け入れて下さり、
前向きに生きていられる方のお話が聞けて、泣いて、笑って、
こちらの方が人間としての生き方にどんなに勇気づけられたことか。
また来てほしいと、次へと繋がりました。

仙台ボラ帰り (1)
帰りの車中、真っ白な雪の中で見た光景です。

今回、仙台スクールの方達の細やかなお心遣い、いつもながら感謝いたします。
2日間お世話下さりありがとうございました。
これからも、仙台スクールを応援してまいります。
お互いに頑張りましょう。よろしくお願いいたします。
(横浜スクールより参加  chisio yuko muratomo )

| 外部イベント告知・報告 | 07:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://npokohki.blog91.fc2.com/tb.php/411-a413fb2a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT