NPO光輝オフィシャルブログ

~洋服を着たまま受けられる施術!薬草の力で循環改善~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

家庭で食べるヘルシーな日本食の作り方を教えて!

IMG_0563.jpg

オーストラリアスクールの患者さんで抗がん剤治療中の方に、普通の日に家庭で食べるあっさりヘルシーな日本食の作り方を教えてほしいと頼まれました。

オーストラリアやアメリカ、イギリス、カナダなど多くの国では、スシが大人気、どこのショッピングセンターへ行っても日本人からするとちょっと怪しげなスシが売られています。
スシだけでなく全般的に、日本食=ヘルシーと思われているようで、食事のアドバイスを求められたり、日本食の作り方を聞かれたりすることはとても多いです。

今回は、これまで一度も日本食を(スシすら)食べたことのない、ハンガリー出身80才のお母さんもわが家の日本食に挑戦ということで、少々毎日の食卓とは言いがたいですが、サラダ風シメサバ、茶そば、冷奴、大根と人参・鶏の煮物、いなりずし・サーモンとアボガドのバラ寿司、味噌汁、、、という外国人が食べられそうな夏向きのメニューを用意しました。

実のところ、日本食は意外と塩分と炭水化物の割合が多いので、手放しでヘルシーとは言えないのですが、オーストラリアの典型的なディナー(お肉のロースト+ゆでたジャガイモ・人参・グリーンピースの付け合せのみ)と比べると、野菜が多く、いろいろな種類の食材を食べることができます。

栄養・吸収がよいという点では、光輝スペシャル・レシピの”牛肉栄養スープ”をお勧めしました。

病気別の食事療法についてはまたきちんとお伝えしたいと思いますが、とりあえずは、おいしくたくさん食べていただき、異文化交流の楽しい夜でした。

| オーストラリア | 22:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT