NPO光輝オフィシャルブログ

~洋服を着たまま受けられる施術!薬草の力で循環改善~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「可能性」

IMG506.jpg
写真↑:ドイツ国際平和村提供「ヴァンダー君」

アンゴラから来たヴァンダー君。
彼が、ドイツ・平和村へやってきた直接の理由は、身体中、幾か所かに散らばった骨髄炎。
それだけでも十二分に重大な問題なのに、彼をさらに深刻な3つの問題が襲っております。
●筋ジストロフィーで身体の筋肉が動かなくなってきている
●耳がほとんど聞こえない、話せない
●先天性の赤血球異常(鎌型赤血球)
これらどれもが大変な問題、併せ抱え持つ、ヴァンダー君。
彼自身は、ぱっと見、飄々としていて、笑顔も垣間見ることができるが、
しかし、彼の抱える問題、このコンビネーションはやはり非常に深刻であります。

とりあえず、ドイツの病院では、骨髄炎に対する治療のみがなされております。
というのは、上記3つの病気に関しては、
ドイツ・日本の最新・最強の西洋医学を駆使しても治療が難しい、ほぼ不可能です。
では、東洋医学や、光輝療法では、いったい何がどこまでできるのか。
まだ、わかりません。

写真↓:ドイツ国際平和村提供「マーシャルくん」
IMG507.jpg
ちょうど私の息子と同じ年ごろ背丈も同じ、マーシャル君。
今ここでは説明いたしませんが、彼の問題だって大変です。

「最高の可能性」、望む改善結果を引き出すためには
必要十分な人出・時間・エネルギー・物資・技術など、どれも必要です。
平和村の患者さんたちには、たくさんの限界・現実問題が重く付きまといますが
それでもなぜか、「最高の笑顔」が溢れているのも、事実です。

ドイツスクール職員 Ishii

| ドイツ | 20:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT