NPO光輝オフィシャルブログ

~洋服を着たまま受けられる施術!薬草の力で循環改善~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

四国霊場八十八ヶ所参拝第2回 1日目

9月6日
台風も四国から外れ、お遍路さん日和になりました。
伊丹空港から高知空港へ行き、レンタカーで四国を回りました。

1CA390769.jpg

        (高知空港、坂本龍馬像)

1IMG_NEW.jpg

第36番 青龍寺(しょうりゅうじ) 
御本尊 波切不動明王
唐の青龍寺で恵果阿闍梨から真言密教の秘法を授かった弘法大師は、報恩の為帰国して青龍寺を建立しようと唐から独鈷杵を彼我の空に投げた。帰国して大師がこの地で松の木に留まっている独鈷杵を見つけ、嵯峨天皇に奉上、不動明王を刻み、堂宇を建てた。

36,P1030247

36,P1030246

第37番 岩本寺(いわもとじ) 
御本尊 不動明王・聖観世音菩薩・薬師如来・阿弥陀如来・地蔵菩薩
行基が七難即滅・七福即生を願い建立されたと伝えられる。後に弘法大師が一社に祀られていた仁井田明神を5つの社に分け、それぞれの社に本地仏を安置し、更に末寺5寺を建立し札所と定めた。

37,P1030248

第38番 金剛福寺(こんごうふくじ) 
御本尊  三面千手観音菩薩
四国最南端の足摺岬の灯台の背後に茂る森の中にあるお寺です。
嵯峨天皇より「補陀落洛東門」の勅額を賜った弘法大師が、足摺岬に巡錫し、自刻の三面千手観音菩薩を安置して建てた。足摺岬は補陀落に一番近いとされ、補陀落の東門とされた。

38,P1030253

38,P1030249

38,P1030255

海まで少し距離があったため、かすかに灯台が見えただけでした。

38,P1030254

         (ジョン万次郎の像)

第39番 延光寺(えんこうじ) 
御本尊  薬師如来
聖武天皇の勅願により、行基が薬師如来を刻み建立。後に弘法大師が訪れ日光・月光の両菩薩を刻んで脇侍として安置。

39,P1030256

亀が背中に銅鐘を背負い、龍宮城から上がってきたという伝説がある。

39,P1030257

40番 観自在寺(かんじざいじ) 
御本尊  薬師如来
平城天皇の勅願を奉じて弘法大師が1本の霊木から本尊の薬師如来と脇立の阿弥陀如来・自由一面観世音菩薩の3体を刻んで開基した。

40,P1030263

大師堂の前に奉られており、さわったり持ち上げたりすることができました。

三鈷杵

40,P1030258

五鈷杵

40,P1030259

独鈷杵

40,P1030260

山門天井の絵

40,P1030264

1日目は移動距離が長かったため車での移動時間が長かったです。
皆様に遠隔をして頂いたおかげで、足取りも軽くお参りさせて
頂くことが出来ました。ありがとうございました。

             ( KATOH )

| 外部イベント告知・報告 | 23:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT