NPO光輝オフィシャルブログ

~洋服を着たまま受けられる施術!薬草の力で循環改善~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

オーストラリアレポート3 日本は猛暑、その時オーストラリアは・・・

そろそろ日本の残暑はやわらいできた頃でしょうか。

ごぶさたしております。オーストラリア・スクールです。

なんでも、今年の日本は記録的な猛暑だったとか。その間、南半球オーストラリアは、当然のことながら、冬でした。しかも、例年になく寒い寒い冬でした・・・


やはり「異常気象」というのは地球規模で連動して起こっていることなんですね。
スクールにやってくる地元の患者さんたちは皆、口を揃えて「おーさむい!ここ20年で一番さむい!」等と文句を言っていました。

まあ寒いとはいっても、せいぜい下がって10℃前後までです。コートが必要なほどではありません。それでも、暖かい気候に慣れているゴールドコーストの人々には、今年の冬は大分こたえた模様。悪性の咳風邪やインフルエンザもずいぶんと猛威をふるいました。子供やお年寄りに何人も死者がでて、ちょうど日本で熱中症による死者が続出していたのと、奇妙なコントラストをなしているかのよう。

7月8月は、本当に、さむくて風邪をこじらせてやって来る患者さんばかりだった印象が強いです。

さて、そんな寒さも彼岸まで。9月にはいると、こちらでは暦の上では春。がぜん暖かく(暑く)なってきました。ここのところ、最高気温は25℃前後。これから来年の3月くらいまで、基本的にはずっと暖かいゴールドコーストです。日差しもだんだんと強くなってきて、庭の雑草もいつの間にかグングン伸びている。そして、そうなると、なんだかかゆい……。そう、蚊が出てきました。

もうすこし暑くなると、蚊だけでなくて、もっといろいろ出てきます。蜂やらハエやらイモリやらトカゲやら……すごい数。それも大きい。オーストラリアは昆虫天国で、しかも家の中にもけっこう侵入してきます。最初はわれわれもいちいちびっくりしていましたが、概してオーストラリアの人々は、日本人にくらべて、あまり気にしませんね。まあ、防ごうとしてもなかなか難しいので、自然とそうなるのですが。。。たとえば、ふとみると家の廊下をアリが行列をなしている、なんて光景は、こちらでは日常茶飯事なのですが、みんな「ああ、いるな」くらいのものです。

ただ、なかには噛まれると脚がパンパンに腫れるような凶暴なアリもいるので、そんなときはグリーンで即効ケア! 本当によく効くので、いつも感謝ですね。

そういえば、去年の夏、施術をしていたら、天井から大きなカナブンみたいな虫が、寝ている患者さんの上に落ちてきたことがありましたっけ。もちろん私はびっくりして冷や汗をかきましたが、当のオーストラリア人の患者さんは、ハハハと笑顔で払いのけて、あとは何事もなかったかのように再びリラックス……。よかった。

そんなおおらかな光輝オーストラリア・スクールへ、日本から遊びに来られる方々、いつでもお待ちしております! どうぞよろしく。

| ~スクール便り~ | 10:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT